生理の臭いと予防法

生理は女性にとって大事なもの。
そう、わかってはいるのだけれど痛みやにおいに不安や心配をしてしまうことも…。

ここでは、そもそも生理とは何なのか、あの臭いはなぜ出てしまうのかということをお話したいと思います。

vyabahj

生理の血とは

生理の時に出る血を経血と言います。経血はよく勘違いされがちですが、純粋な血液ではありません。実は血液の経血に占める割合はたったの1割。後の部分は、というと、子宮内膜や粘液、膣や子宮からの分泌物や酵素からできているのです。ですから、

「赤い血がいっぱい出ていて貧血にならないか不安」というのは間違いです。
赤ちゃんが出来るためには子宮内の環境をリセットしなければなりません。生理とは、赤ちゃんを作るために不必要になってしまったものを体外に排出するためのもの。それに耐えられるように女性の体は出来ているのですから、不安にならなくても大丈夫ですよ。

生理の臭いの原因とは

生理の時、多くの人が抱える悩みが「におい」ではないでしょうか。

実は女性の約9割の方が「におい」について悩まれていると言われています。
この「臭い」、一体原因は何なのでしょうか。

実は、この「臭い」は雑菌が繁殖して出されたものなのです。

経血は体外に排出された時はほぼ無臭と言われています。
ですが、経血が体外に排出され、空気に触れることで雑菌が繁殖してしまうのです。

陰部は温かく湿気がある場所。
そのため、雑菌の繁殖にはもってこいの場所になってしまっているのです。

生理の臭いの予防

生理のにおいは、経血が空気に触れて雑菌が繁殖することで起こります。
この雑菌の繁殖はにおいを発生させるまでには時間が必要なのです。

また、陰部の環境を雑菌が好まないようにしてあげることも解決策に挙げられます。

具体的には次のことに気を付けると良いでしょう。

ナプキンを1~3時間に一度交換する

雑菌が繁殖している本を正せば経血が空気に触れていることが原因なのです。ですから、においが発生する前にナプキンを取り替えましょう。目安としては1~3時間に一度が理想的です。最近は長時間つけていてもしっかりと吸収してくれるナプキンもありますが、雑菌の繁殖を抑えるためにはやはりこまめに交換した方が良いでしょうね。生理の終わり頃も、経血の量が減ったからといってナプキンを取り替えないとにおいのもとになってしまいますよ。

下着やボトムを通気性の良いものに変える

雑菌の好む環境は湿気の多い環境。ですから、なるべく通気性の良いものや汗などの速乾性のあるものを選びましょう。また、締め付けの多いボトムもムレの原因に。生理痛も酷くなりますし、生理中は避けた方が良いと思います。こちらもお腹や下腹部の締め付けがない、ゆったりした通気性の良いボトムにしましょう。

アンダーヘアを洗浄するか処理する

アンダーヘアに経血がこびりついた状態が続いてしまうと、雑菌がそこで繁殖し、においが発生しやすくなってしまいます。アンダーヘアをこまめに洗浄するか、処理をするなどして清潔な状態にしておきましょう。

生理用品をタンポンに変える

雑菌が繁殖する原因は経血が空気に触れるため。

ですから、体内で経血を吸収してくれるタンポンは、においを防ぐのには正にうってつけの生理用品なのです。
はじめは「体内に入れるなんて…。」
と怖い気持ちもあるかもしれませんが、案外慣れてしまうものです。

吸収時間も長く、タンポンを付けていれば水着で海にだって入れますので、においを気にされている方は一度試してみてはいかがでしょう。

一緒に読まれている記事:
生理後の臭い(トップページ)
生理が終わりかけの臭い
生理中の臭いの原因と対策
最終更新日: 2017/11/20
サブコンテンツ

このページの先頭へ