生理中に気になる臭いと気になる他人の臭いの感じ方

生理直前から気になっているのですが、自分の生理中の匂いを他人が感じているかどうかで不安になります。

自分が発している匂いに他人はどこまで気づいているのか、またそんなことも人には聞けないので本当に生理中は神経過敏になってしまいがちです。
自分でもたまに自分の膣からの匂いがとても気になることがあります。生理中にトイレでその匂いをかいでしまうたびに人との接触を最小限にとどめたいと思ってしまいます。

ただ、生理中は本当に自分の体を、特に膣の辺りを清潔にしておくことで匂いの強さは和らいでいる気がします。

生理用ナプキンは頻繁に交換すること

toiret

仕事が忙しいなどでトイレに頻繁に行けないときなどはどうしてもその匂いが強く感じられるんです。トイレでトイレットペーパーで清潔にしても若干残ってしまっているのは確かです。なので時間が許す限り洗浄することが匂いを極力防ぐ方法です。もちろん、生理用ナプキンは頻繁に交換すること。

夏場なんかにとくに匂いが気になるのは熱と湿気で匂いが強く感じられるからではないかと思っています。なのでできるだけ膣を清潔な状態に保つことでその強烈な匂いも極力抑えることができます。匂いの一番の原因は膣が本当に清潔ではない状態から発生するものです。

頻繁にトイレに行くこともなんだか他人の目を気にして行きづらいこともあります。ましてや、生理用ナプキンを取り替えてもし洗浄までしているのであればトイレに行くのにかかる時間も気になってしまいます。ただ何が一番気になるかが問題です。

仕事で誰かと話をしているときに常に自分の生理中の匂いが気になっていると話どころではありません。そういった不自然な行動も相手に不信感を抱かせてしまうこともあります。自分から発せられる匂いに関して指摘する人はなかなかいないものです。

トイレに行っている時間が長ければお腹の調子が悪いのか、などといった程度ですみますが、自分から発している匂いとなると臭い、と言う人もそうそういないので自分の中で常に気が気じゃありません。

とにかく生理中はトイレの時間や回数は気にせずになるべく自分を清潔な状態になるように心がけることが重要です。

最終更新日: 2017/11/20

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ