生理前の臭いの悩み【原因と解消法】

生理前の臭いって本当に悩みます

女性なら、どうしても気になってしまう臭いってありますよね?
生理前のデリケートゾーンのあの嫌な臭いやオリモノの生臭さ…

「なんでこんなに臭うんだろう?」って疑問に思っている女性も大勢いるはず。
そこで、今回はそんなデリケートゾーンの臭いの原因について一挙ご紹介しちゃいます!

生理後の臭い1

まず、生理前の臭いの根本的な原因としては、大きく分けて3つあります。
それは、「皮脂の増加」「蒸れによる雑菌の繁殖すること」と「オリモノが酸化すること」の3つです。

生理後ならば、経血が臭いの元となる事は多いのですが、
経血の存在しない生理前であっても臭ってしまう方も少なからずいらっしゃいます。
そのような方も含めて、デリケートゾーンの臭いの原因をさらに深くお教えしましょう。

生理前のあの臭いとの意外な関係?

生理前の皮脂の臭い

デリケートゾーンの臭いの原因になっている存在として、まず考えられるのが「皮脂」です。この皮脂の分泌量が、ホルモンバランスが変化する生理前になると、ぐっと増えてきます。

そうすると、その増えた皮脂全てを排出することが出来ず、皮脂腺の中にどんどん詰まってきます。皮脂腺が詰まる、ということは、皮脂腺の中で溜まった皮脂が次々に酸化していくということを意味しています。その酸化した皮脂が、あの嫌な臭いを発生させているわけです。

意外なことにワキガやスソワキガのある方は、これが原因で臭っている可能性が非常に高いことが考えられますので、ワキガやスソワキガの方は、一度、この皮脂の詰まりを疑ってもいいかもしれません。

生理前の雑菌の繁殖

もう一つの原因として、注目して欲しいのが「汗や雑菌」の存在です。人の体中から、年中、排出され続けている汗ですが、デリケートゾーンでも、もちろん汗は排出されています。

汗というのは、通常、汗腺という所から排出されています。デリケートゾーンの場合、アポクリン汗腺という汗腺から汗が出ているのですが、実に厄介なことに、この汗腺から排出される汗には、アンモニアや脂肪などが豊富に含まれていて、当然ながらその中には雑菌も同時に多数存在しているわけです。で、この雑菌が多数含まれた汗を分解しようと、表皮などに存在する雑菌が活動していく過程で老廃物が発生し、それがあの臭いの原因となっている、というわけです。

生理前のホルモンバランスの変化により、その量が、ぐっと増えてしまいます。汗や雑菌が臭いの原因となるわけですから、汗をかきやすい時期やデリケートゾーンが蒸れやすい生理期間中に特に臭いやすくなりますが、生理前であっても、増えたアンモニアや脂肪よって臭いが強くなります。あまり汗をかかないと思われ方でも、このデリケートゾーンを清潔に保つ事を意識してみてください。

一度「オリモノ」自体も疑ってみる

最後の原因として考えられるのが「オリモノ」の存在です。オリモノって、そもそもどういう仕組みで起こる現象かご存知ですか?

実は、オリモノは、女性ホルモンの中にあるエストロジェンと呼ばれる物質の分泌量が高まることによって発生する現象なんです。エストロジェン…あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、このエストロジェンの分泌量が、排卵の時期になると一気に増加していきます。

ここで、オリモノ本来の役割についてお話しますと、オリモノとは膣内の環境を清潔に保つために発生しています。ですので、たとえ排卵の時期以外であっても、膣内環境を清潔にするためにエストロジェンは絶えず分泌され続けています。エストロジェンそれ自体は無臭です。

しかし、膣内を常に酸性に保つためにデーデルライン桿菌と呼ばれる善玉菌が膣内には存在してます。この善玉菌が結果として酸っぱいような臭いを発生させることで、あのようなデリケートゾーンの臭いなることもあるのです。

最終更新日: 2017/11/20
サブコンテンツ

このページの先頭へ